一点 載荷 試験 方法

Posted on

一点 載荷 試験 方法. 試験方法の主な適用 •構造物の直接基礎設計に用いる地盤反力係数、極限支持力調 査 •施工段階における支持力管理(直接基礎・深礎・ケーソンなど) 載荷方法 •直径30cm以上の載荷板を用いた段階式載荷または段階式繰り 返し載荷 •荷重制御方式 平板載荷試験と現場支持力試験の比較 表1は平板載荷試験と今回検討した現場支持力 試験の比較を示す.両試験で用いる載荷板の形状 とその大きさは同じであり,ともに直径30cmの円 形である.しかし両試験では荷重の載荷方法と変 位の計測方法が異なる.

新米治山技師日記 その1 来て!観て!松本『彩』発見 from blog.nagano-ken.jp

平板載荷試験と現場支持力試験の比較 表1は平板載荷試験と今回検討した現場支持力 試験の比較を示す.両試験で用いる載荷板の形状 とその大きさは同じであり,ともに直径30cmの円 形である.しかし両試験では荷重の載荷方法と変 位の計測方法が異なる. ② 一点載荷試験 一点載荷試験は、軟弱かつ古い堆積地盤等を対象とするのもので、次により行う ものとする。 (ア) 反力装置としてバックホウを用いる。 (イ) 載荷数治は、試験に先立ち基礎地盤の土質別予備載荷荷重を目安として、予備 載荷を行う。 イ 一点載荷試験 一点載荷試験は、軟弱かつ古い堆積地盤等を対象とするのもので、次によ り行うものとする。 (ア)反力装置としてバックホウを用いる。 (イ)載荷方法は、試験に先立ち基礎地盤の土質別予備載荷荷重を目安とし て予備載荷を行う。

イ 一点載荷試験 一点載荷試験は、軟弱かつ古い堆積地盤等を対象とするのもので、次によ り行うものとする。 (ア)反力装置としてバックホウを用いる。 (イ)載荷方法は、試験に先立ち基礎地盤の土質別予備載荷荷重を目安とし て予備載荷を行う。

岩石の点載荷試験方法 method for point load test on rocks 1 適用範囲 この基準は,岩石供試体の点載荷強さを求める方法について規定する。岩石供試体は、岩石,礫, ボーリングコアを対象とする。 2 引用規格・基準 なし 3 用語及び定義 平板載荷試験と現場支持力試験の比較 表1は平板載荷試験と今回検討した現場支持力 試験の比較を示す.両試験で用いる載荷板の形状 とその大きさは同じであり,ともに直径30cmの円 形である.しかし両試験では荷重の載荷方法と変 位の計測方法が異なる. 試験方法 試験方法は,次による。 なお,1地点(載荷板設置地点)における試験回数は,1回とする。 a) 試験の準備を次の順序で行う。 1) 地盤を水平にならし,必要があれば乾燥砂を薄く敷.

② 一点載荷試験 一点載荷試験は、軟弱かつ古い堆積地盤等を対象とするのもので、次により行う ものとする。 (ア) 反力装置としてバックホウを用いる。 (イ) 載荷数治は、試験に先立ち基礎地盤の土質別予備載荷荷重を目安として、予備 載荷を行う。

平板載荷試験方法 method for plate load test 1 適用範囲 この基準は,載荷板に加える荷重と変位量の関係から,地盤の支持特性や変形特性を求めるための平 板載荷試験方法について規定する。 2 引用規格・基準 なし。 3 用語及び定義 荷方法により求めることができる。ここで,1 点 載荷と2 点載荷との関係を調べるため,点在す る欠陥のモデル化を試みた。 曲げ試験のように引張を受ける供試体では, 曲げを受ける部分の中で最も弱い部位で破壊す るという簡単なモデルが考えられる。 試験方法の主な適用 •構造物の直接基礎設計に用いる地盤反力係数、極限支持力調 査 •施工段階における支持力管理(直接基礎・深礎・ケーソンなど) 載荷方法 •直径30cm以上の載荷板を用いた段階式載荷または段階式繰り 返し載荷 •荷重制御方式

<データ整理方法> 強度算出方法には以下の式を使います。 St=0.9×P/D2・・・岡の式(引張り強度) 上式のように、St は供試体寸法により変化するた め、D=5Cm の時のSt を標準とします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.